2014年10月28日火曜日

CloudKitハマりどころその2

お疲れ様です。

さて、前回はコンテナーという概念があるのと、あとシミュレーターでもちゃんとiCloudのアカウント登録しとかんと動かへんのよ。。というお話をしました。

次はCloudKitのデータの登録についてです。

基本的にCloudKitのテーブルを構成したりするのはCloudKit Dashboardという、デブ専から行けるWebベースの画面から行います。しかしこのCloudKit Dashboard、CSVとかからインポート出来たりとかそんな親切機能はございません。1つ1つデータは手入れです。

そんな事はやってられないので、アプリからコネコネしてデータを入れる事をやっているのです。まあ、それはなんとかなります。

で、あとは本番環境へDeployだ!と言うところですが。。CloudKit DashboardにはDeploy to Productionというボタンがあって、これでスキーマとデータを移してくれるんよねホイ?っと思ってたら、、そんなに甘くはありません。まあ当たり前ではありますが移るのはスキーマだけでした。。

さて、どうやって本番環境にデータを?と言うことでいろいろやってみました。

・リリースビルドしてシミュレータから本番にから送り込む → 駄目でした
・リリースビルドしてiPhone実機繋いでRunして実機から送り込む → 駄目でした
・リリースビルドしてipa作って実機にインスト、そっから送り込む → OK!!

実はipaにArchiveする時に「iCloud Container Environment」を選べる画面が出て、
そこでテストか本番か選べるのでした。。ちゃんちゃん。。


0 件のコメント:

コメントを投稿