2015年5月18日月曜日

動画キャンペーン施策についての効果実験ご報告

みなさまおはようございます。

いやはや京都は梅雨前に差し掛かろうという季節で少しずつジメジメしてまいりました。これから夏終わるまでは京都は高温多湿のザ・熱帯モンスーン期に入ります。ご観光される際は熱中症にご注意下さい。

さて、そんなことはさておき。

今月の頭から立て続けにとっとこダンジョンのYoutuber様の実況動画が公開されました。

【ゆっくり実況】とっとこダンジョン「頭を使うべし」 @北狐様


新感覚ダンジョン探検型ゲーム「とっとこダンジョン」with room6 @まぐにぃ様


とっても素晴らしいとっとこダンジョンのご紹介MOVIEになっております!!本当にありがとうございます。。!

さてさて、動画の説明などに「本動画はroom6とのタイアップ動画です」と書かれておりますのに気が付きましたでしょうか。お察しの通りこの2つの動画は動画プロモーションとして、お願いして作成していただいた動画となります。

今回は、この動画を作成して頂くまでの経緯、そして動画が公開されてからの効果等々についてお話したいと思います。



まずは経緯です。たしかとっとこダンジョンを公開して1ヶ月くらい経った所でしょうか。私の中では公開1ヶ月でウン万DLを達成!!みたいな夢を頭に描いていたのですが、当然そんなことはなくあまりのDL数の少なさ、そして収益の低さに私は頭を抱えていたのです。そんな時に頭をよぎったのは、、「。。。ブーストするか。。!」でした。

ただ、ブーストぶっかますにもそれなりの費用がいります。とりあえず頭の中では30万円くらいを用意してやってみるか、、、というイメージでした。ただ、調べれば調べるほどブーストは札束でほっぺたひっぱたき合戦である、、、ということがわかりました。30万くらいのお金では総合ランキングの上位なんて夢のまた夢モードだという事が判明。そして、もっと問題なのはブーストでたとえランキングが上がった所で、所謂「オーガニック」なダウンロードが増えないと意味が無いということが分かりました。オーガニックなダウンロードというのはブーストからではなくランキングを見て普通にDLしてくれる事ですね。

そしてさらに問題になったのは、たとえオーガニックにダウンロードしていただいた所で、ちゃんとプレイしていただかないと全く収益に繋がらない、、という事です。正直とっとこダンジョンはチュートリアルはストーリー展開と絡んでいることもあり少しわかりにくく、説明が少ない作りです。そして、よくわからないながらもアナリティクスを見てみますと、かなり方が1面目で離脱していることが分かりました。(というかほとんどの方が離脱)

要するに、今のままブーストを掛けた所でお金を捨てるに等しいということが分かりました。おそらくですが、30万円で格安10円ブーストを掛けた所でオーガニックなDL数はせいぜい5,000くらいのUPになり、おそらくそのうち95%が遊んでくれないみたいな事になりそうでした。

当然、アプリ自体を改修して離脱率を改善すべきなのですが、様々な事情がありその時点ではエンジニアが埋まっており改修自体が出来ない状態でした。はてさて、どうすべかなーーーと思っていた所、ゲームがわかりにくいなら動画でちゃんとゲームのプレイの仕方、面白さを説明してそれをゲームのダウンロードの動線にすればいいじゃないか、、、と思いつきました。動画でゲームのツボをまず掴んで頂ければDL総数が少なくとも、ちゃんとプレイして頂ける方は増えるだろうし、ファンの獲得にも繋がります。そして、Youtube動画はずっと残りますしね。わりといいコトずくめじゃないの、、と思ったのです。

で、イソイソとYoutuberさんを探してはTwitterでフォローして、、みたいな事をやっていました。ただ、フォローすれども特に仲良くなったりもしないので、Twitterでフォローするだけでは実況動画など作って頂けるはずもなく、、、という感じでした。

んで、色々悶々としていたところ「元AdMobおじさん」坂本様(@tatsuosakamoto)とTwitterでお喋りしていて、プロモーションに困っているのですよという話をしていたところ、Youtuber様と開発者をマッチングしてくれるサービスをやっている会社があるんですよとの事で、ルビーマーケティング株式会社様のiCON CASTというサービスをご紹介して頂きました。

iCON CAST

このiCON CASTというサービスですが、簡単に言いますとYoutuber様のクラウドソーシングサイト、という感じでしょうか。Youtuber様、開発者双方に登録し、iCON CAST様が間を取り持ってYoutuber様の選定からマッチング、調整諸々をやって頂けるサービスです。私のような無精者にはもってこいのサービスじゃないですか。。!ということで、早速東京出張の時にiCON CAST様にお邪魔して諸々のお話を聞いてきました。

iCON CASTというサービス自体は割と最近始めたサービスとの事ですが、既にPONOSさんやAntennaさんとかのビッグな案件をされていたりして、なんだかウチみたいなちびっこい案件申し訳ないなと思いつつ、何でもチャレンジと思いやってみました。

で、諸々の募集やら選定やらを経て、冒頭の2本の動画の作成をお願いしました。ありがたいことに本当はもっと沢山のお申込みがあったのですが、あまり多くてもというのもあり今回はまず2本に絞っての公開としました。

さてさて、公開してからの効果ということで約1週間が経過しましたので書いていきたいと思います。

まず、DL数です。





上から、iOS/Android(一日のDL数)/Android(現在のインストール数)となっています。動画公開からグッと上がっておりまして、特にAndroidが増えております。基本的にはiOSよりAndroidユーザの方がコアゲーマー層が多いイメージなので、実はとっとこダンジョンはAndroidユーザにもっとリーチしないといけないはずだったので、良い感じの上昇具合です。DL数自体は1週間過ぎてだいたい元の数より少し多いくらいに落ち着いてきておりますが、最近はiOS/Android合わせて一日50DL程度だったのが、70〜80DLくらいに底上げされてきております。そして、着目点としてはAndroidの現在のインストール数です。こちら、ずーっと下がり続けていたのですが動画公開後はしっかりインストール数がキープされております。プレイされているかはともかく、アンインストールされずに端末内にインストールしていてくれております。


そして、次に収益です。もともとあまりにも低いので書くのははずかしいですが、動画を配信するまでのおよそ1ヶ月間の一日の平均収益がだいたい、250円くらいでした。そして、動画配信開始後1週間での平均収益が一日2,000〜2,200円くらいになっています(広告+アプリ内課金)。もともと低いのでアレですが、8〜9倍の効果が出ております。アプリ内課金もAndroidでかなり増えてきている感じです。まあ1週間と1ヶ月なので単純には比較出来ませんが、思っていたよりもダイレクトに効果があるイメージです。

まあ、そもそもほとんど収益を上げられていないアプリなので上がり幅を論ずるのも微妙ではありますが、かなり目に見える効果がありました。当然少しずつ目減りしてはいますがレビューサイト等への掲載の時よりはなだらかで、やはりプレイしてもらっている数自体が確実に増えていると感じています。

費用対効果としてどんなものか、という事ですがすぐ回収出来るかというのはさておき、悪くない感じはします。どれくらいの費用を投じたのか、という事に関してははっきりとは書けないですが、少なくともブースト用に想定していた金額よりはかなり安いです。

Youtube動画プロモーションのメリットとしては、やはり動画を見てインストールしてくれたユーザが「濃いアクティブユーザ」となる可能性が高いこと、公開直後は当然高いのですが、時間が経ってからもジワジワ〜と長い露出効果も期待出来る、、ということでしょうか。デメリットとしては、やはりマッチングから選定、動画作成というステップを踏むということで依頼してから公開まで少し時間が掛かる(平均3〜4週間程度)、、ということくらいでしょうか。もしピンポイントでプロモーションをしたい時などは、リリース前から計画的に依頼しておくと良いかもしれません。

というわけで、プロモーション施策としてのYoutube動画プロモーション、個人的にはかなりアリかなと思います。当然アプリにもよりますが、すこし凝ったゲームでライトユーザ層になかなかリーチ出来ないですとか、マニアックなゲームなんかでは一考の余地ありかなと思います。チュートリアルの代わりにもなりますしね。

次はYoutube動画ではなく動画広告の方を試してみたいと思います。

ではでは。。

0 件のコメント:

コメントを投稿