2019年6月5日水曜日

パブリッシャーと組むメリット

こんばんはまさしです。


昨日書いたエントリーは、なかなか皆様ご興味ある内容だったかなということで、
パブリッシャー様と組む事について、もう少し色々書いてみようかなと思った次第です。

あとエントリの冒頭で「必要がないならパブリッシャを通さないほうが絶対いい!」なんて身もふたもないことを書いてしまいましたので、ちょっとちゃんと書いてみようと思ったりしました。

まあ、そりゃ手数料を取るわけなので使わないにこしたことは無いのです・・・
が、現実問題、前回のエントリーに書いたようにコンシューマ機でのリリースというのは、非常〜〜に手間がかかります。

ただ、正確に言いますと「記念リリース」だけで良いのならば、全然一人でも大丈夫です。任天堂様はじめ、リリース用のポータルサイトはなかなか良くできておりまして、iOSやAndroidのストアにリリースした事があるのならば、そこまで困る事はなかろうかなと思います。もちろん、よりチェックが厳しかったり細かく見られる事はありますが、最低限リリースまで持っていくのは、現実問題としては大丈夫です。


しかしながら現実問題、作ったゲームは売れたほうが嬉しい。。
そして、ゲームを開発すること以外の事はひじょーーにめんどくさい。。

そういうことであれば、ここからがパブリッシャーの出番です。

こないだのエントリーでも書きましたが、やはり色々ありますけども、
パブリッシャーの役目というのはお任せ頂いたゲームをたくさん売る!ということが
最大の使命であります。ですので、ここにいろいろなパブリッシャー様の苦労やノウハウ
が詰まっているわけであります。色々なイベントに出展して、メディアさんにアピール
したり、SNSをうまく使ってユーザさんに直接面白さを届けたり、グッズを販売したり、
今でしたら、動画配信チャンネルを通じて色々な配信をしたり。。そういった
プロモーション活動はパブリッシャーのいちばん得意な所ではないかなと思います。

たとえばPLAYISMさんはTGSなんかでは作品のイメージに合わせたすごい素敵なブース
を作ったり(『va11-hall-a』や『N1RV Ann-A』のブース、すごかったですよね!)
して、作品のイメージをうまく使ってプロモーションされていたり、あとは、
フライハイワークスさんなんかは、社長の黄さん自ら動画で実況配信したり、任天堂
さんのようなタイトルの告知動画を定期的にやったり、、
いろいろと、パブリッシャーさんのプロモーションカラーがあったりするのです。
なので、それも選択するひとつの材料になるかなって思います。

もちろん、自らプロモーション活動をするメリットもあるし、それも有りです。
でもやはりお金も手間も時間もかかりますから、おまかせするのは悪くない選択
かなと思います。(ぼくは自分でやるのが好きだったから、自分でやってましたけど、
正直どれほど効果があったのだろうか・・?というのはあります。でもすごくたくさんの
出会いがあったので、やってよかったと思ってますが)


もうひとつはやはり海外へ売ること。ここですね。。
日本国内だけであれば、まあ自分でもなんとかなるのではないかなとも思わなくもない
ですが、海外で売るとなるとどうしていいものやら・・・!?
ここもパブリッシャーさんの腕の見せどころなんじゃないでしょうか。
海外出身の方がされているパブリッシャーさんや、社員におられるパブリッシャーさん
なんかは、独自のコネクションを持たれているので直接海外メディアさんに連絡が
出来たりすることもあって、そのあたりは強いのではないかなと思います。

ここ、すごく大事なのですが、やはりコンシューマゲームは売上は海外が大きいです。
特に北米市場ですね。。北米市場で売れたら、それはもう大成功と言えるのでは
ないでしょうか。僕の肌感で言えば、北米は日本の3倍以上、、という感じです。
次に日本、その次にヨーロッパ(英国、ドイツ、フランス)という順かな、という感じ
ですが、ヨーロッパ圏でも売れるとなるとかなりワールドワイド・グローバルで
売れてるな!って感じになります。

ということもあって、やはり海外で売る・・・!というのは、非常に大事な目的の
一つだと思います。そこでパブリッシャーですね。。

ちなみに、room6はどうなんだと言われますと、正直なところここはまだ手探り状態。
色々な方のお力を借りつつひとつづつ手探りでやっていってます。目下の最大の課題。


あと最後はやはり手間暇軽減ですかね。。正直やることが多いですね。。
ストア用の画像を作ったり(リージョンごとに用意ですよ)、PVを作ったり
(これもリージョンごとに用意ですよ・・・)、あとすごく大事なストアに載せる
ためのコピーや紹介文章を考えたり(これもリージョンごとに用意ですよ。。英語と
フランス語が必須ですよ・・)。

次に、翻訳です。上で書きましたけど海外でやはり売りたいですよね。
となると英語やその他の言語へのローカライズは必須。せっかく世界中で販売出来る
のに日本向けだけももったいないですよね。
で、翻訳をするわけなんですけど、これが実は結構お金も掛かるし、そもそもどこに
頼んだら良いの?ってなりますよね。そのあたりはパブリッシャーが良い翻訳者さん
や会社さんとおそらくコネクションがありますから、心配はいりません。
費用も負担という所が多いのかな?とも思いますが、けっこう費用的には高いので
そこはパブリッシャーさん次第でしょうかね・・?まあ、でもおまかせ出来るのは
気が楽です。あと、翻訳もただ訳せばいいってわけでもないのがゲームの難しい
ところ。良い翻訳とイケてない翻訳、それはもう天と地ほどにゲームの出来を
左右する超重要ファクターなわけです。なのでここはほんと大事なところ。。


テストもとっても大事です。やはりコンシューマ機のゲームということで、わりと
ボリュームが大きくなりますのでテストはしっかりやらないといけません。
もちろん、直接自分でやるのもいいんですけど、エンジニアさんならわかると思うけど、
自分の作ったプログラムのテストは世界で一番やりたくないテストです!!
なので、誰かにお願いしたい、、と思うのが正直なところですよね・・
もちろんテスト会社さんに自分で依頼するのも有りです!でも、テストをお願いするに
あたっての「テスト依頼書」「テスト仕様書」「テストシナリオ」などなど作らないと
いけませんので、あーーめんどくさい!そこで、パブリッシャーですよ奥さん。

そして、無事にリリースできた・・!

となりましても、まだまだやることはあります。

まず、いわゆるC/S、カスタマーサポートですね。
開発者さんに直接苦情のメールがぶっこまれるのは、やはり嫌なものですし返事返すのも
めんどくさいものです。そこでパブリッシャーがそのお返事係としてがんばります。
もちろん技術的な事やバグの報告は開発者さんにお伝えして、直してもらいます。

あと、セールもあります。これも大事。
おそらくどういったタイミングでどれくらいの値引率で、、といったセールのノウハウも
いろいろなパブリッシャーさんが持っている匠の技。コンシューマのDL専売タイトルでは
セールも大事なゲームを売るチャンスです。ここもパブリッシャーがんばりどころ。

あとバンドル販売なんかもあります。これはパブリッシャーでないと出来ない技。
同じパブリッシャーのゲームで親和性の高いものをセットにしてお得に販売するとか
そういうやつですね。

あとはあとは、、そう、ゲームニュース配信なんかもありますね。Switchでもそういうの
がありますので、これもパブリッシャーが頑張ってゲームのユーザになってくれた方に、
ゲームの世界観やゲームの事を深く知ってもらったり好きになってもらうために、
がんばるところです。


まあ、、、まだまだいろいろあるんですけど、なんか抜けてる気もするんですけど、
こんなお仕事です。大変!!

やはり、個人的にはゲームを作る人にはゲームを作る事に完全に集中してもらいたいと
思うので、それ以外の事はおまかせください!というのがいいのかな、って。
ちょっと思ったりします。

いまはインディーパブリッシャーも前に比べると増えてきているような気がします。
なので、どこを選んだらいいんだー!ってのはあるかもしれませんね。。
もし悩まれたらまたお気軽にご相談くださいね。

ではでは・・。






0 件のコメント:

コメントを投稿